地方公務員試験


地方公務員試験とは、県庁や市役所などの地方公共団体の自治体、警察署や消防署など地方の公的機関で働くために必要な資格を得るための試験です。

公務員の職種は多種多様であり、職務の性質から、さらに一般職と特別職に分けられます。

地方公務員 特別職 地方公共団体の長等
地方議会の議員、長等
一般職 行政職員
公営企業職員
教育職員
警察官
消防官

地方公務員の職員になるには、自治体ごとに実施する採用試験に合格する必要があります。

公務員は、国民生活に直接関係する仕事を担い、社会に貢献でき、携わる仕事のスケールの大きさによる充実感、平等かつ努力が報われる採用試験、収入が景気に左右されにくく、男女平等や福利厚生も進んでおり、長期的な視野に立ったキャリア形成が望めることから、地方公務員に魅力を感じる人は多いです。

現在、全国の公務員は約399万人にのぼります。中央官庁など国の機関に勤める国家公務員が約95万人、都道府県や政令指定都市など、市町村の自治体に勤務する地方公務員は約304万人です。

しかし、一口に公務員といっても仕事の内容は多種多様です、未来を見据えて自分の適性に合った仕事を発見してください。

地方公務員試験とは、県庁や市役所などの地方公共団体の自治体、警察署や消防署など地方の公的機関で働くために必要な資格を得るための試験です。
地方公務員の職種は多種多様で、職務の性質から一般職と特別職に分けられます。


一般職員になるには、各地方自治体ごとに実施される、地方公務員採用試験に合格する必要があります。

長い期間にわたって試験が行われるので、試験と試験の間に各試験対策も根気強く行っていく必要があります。

地方公務員試験の特徴は、出題される科目数が多く、その範囲が広いことです。

したがって、限られた時間の中で計画的かつ効率的な試験勉強が求められます。

また、近年、面接試験が重視されており、面接に失敗すると採用にならないケースもあるので、筆記試験だけでなく面接試験にも万全の準備をする必要があります。



  • サイトマップ